販促ツールの一つであるダイレクトメールの特徴を解説します

ダイレクトメールは昔から重要な販促ツールとして多くの企業に利用されてきました。そしてそれは現在でも同じ事が言えるのですが、多くの企業に利用されていますので工夫をしないと他のダイレクトメールに埋もれてしまう可能性が高くなります。また、特徴を活かした工夫を行う事で開封率は高くなります。なお基本的にダイレクトメールは大きく分けて郵送か電子メールと言う形になりますので、それぞれの特徴を活かせるような工夫が重要なポイントになります。さらに、このような工夫を行い、開封率を挙げる事は単なる販促だけではなく新たなビジネスチャンスに繋がる可能性があります。そのためダイレクトメールは現在でも重要な販促ツールであり、様々な企業が開封率の上昇に腐心しています。

郵送の場合と特徴と工夫について

まず郵送の特徴と言えば、中に何かを同封できると言う点になります。ハガキの場合は不可能ですが、封書で送る際には中に様々な物を同封する事ができます。一般的には自社商品を紹介した冊子などになりますが、厚みのある封書が送られた場合には多くの方が中身を確認するようになります。これが開封率の上昇に繋がるのですが、場合によっては中に商品サンプルを入れるケースもあります。これは法律によってある程度の限界はありますが、実際に使ってもらえる事は非常に大きなポイントになります。また、その他にも利用者の体験談や口コミ情報などを自ら同封する事もインパクトのある方法になります。なおその場合には捏造してしまうと大きな問題になってしまいますので、その点には注意が必要になります。

電子メールの特徴と行える工夫とは

電子メールの最大の特徴と言えば、インターネットとのリンクが容易に行えると言う点になります。そのため本文に自社ホームページなどとのリンクを付ければ冊子よりも多くの情報を載せる事が可能になります。また動画などを添付する事も可能になりますので、視覚だけではなく聴覚に訴える事ができます。これは非常に有効な手段になっていて、音と記憶は結びつきやすいので販促ツールとしては極めて高い効果を発揮します。ただし、その為にはメールを開いてもらうことが重要になります。そしてそのためのポイントが件名で、基本的に件名で興味を引くことが電子メールでの工夫になります。例えば普段は目にする事のないような言葉で書いたり、絵文字や顔文字などで表現するなどの工夫が良いとされています。