ダイレクトメールのメリットや効果を紹介します

ダイレクトメールとは何か知っていますか?よく郵便物で届くスーパーの情報や大売り出しの日、開店記念のセールなどそういった情報が郵便物や電子メールで届くような、お店や企業から顧客に送る情報などを指します。ダイレクトメールには、電子と郵送があります。お客様へのお知らせや、新商品の紹介、イベントのお知らせ、時と場合によっては郵送と電子メールの使いわけは重要になってきます。ダイレクトメールが届く側にとっても良い情報を得られることでメリットになり、そのおかげでお店に足を運んでいただけるお店側にとってもメリットになります。最近はスマートフォンが主流になり、ちょっとした情報の発信の時など電子メールで送れるととても便利です。郵送、電子メールでのダイレクトメール両方のメリットと効果を説明します。

郵送でのダイレクトメールのメリットと効果

郵送でのダイレクトメールのメリットは情報量の多さです。電子メールとの違いは、カラー原稿で送ることができたり、封筒での郵送ですと、小冊子も一緒に入れられたり一度に多くの情報をお客様に送ることができます。しかし封を開けていただかないと、意味がありません。そういう場合、化粧品の宣伝等の場合にはちょっとした試供品も入れておくと中身が気になります。郵送で届いたダイレクトメールに試供品が入っていたりしたら、嬉しいですよね。気になってお店に買いに来ていただければ、お店にとっても嬉しいですよね。ダイレクトメールの成功です。電子メールでは伝えきれない情報量の時や、カラー原稿の見やすく興味の惹くチラシなどを送りたい場合、ちょっとした試供品も一緒に送りたい時に送れるそこが郵送でのダイレクトメールのメリットです。

電子メールでのダイレクトメールのメリットと効果

電子メールでのダイレクトメールには、FAXとEメールでの送り方があります。電子メールでのダイレクトメールですと、郵送に比べ圧倒的にコストが安いです。FAXは初めから開封の状態で届くため100%目に入ります。原稿さえあればその日のうちにお客様のもとに送ることができます。実際の原稿と同じものが送られてくるため、大売り出しの宣伝など、お客様にとってメリットになる情報ですと保存率も高くなります。Eメールでの場合、1日に2回程度はメールチェックする方も多いです。郵送やFAXにはなかったWEBサイトとの組み合わせや、実際の写真なども一緒に送ることができます。お店でのイベントの写真などホームページに飛べるURLなどもついていればお店のこともよく知れますし興味をそそられます。電子メールでのダイレクトメールは郵送とはまた違ったメリットがたくさんあります。時と場合によって使い分けて利用すればお客様のためにも、お店の売り上げにも繋がります。