ダイレクトメールをするにはどうしたらよいかを解説します

ダイレクトメールは個人や企業から送っても良いですし、業者に依頼して代行してもらっても良いです。ダイレクトメールの目的はその企業やサービスを知ってもらい、最終的には収益につなげていくことです。そのため、何を送るという明確なルールもないですし、またこれをやったら確実に成功するという絶対的な法則もありません。そのため、他社がどのようなものを送っているのかを知っておき、参考にしつつ自社のダイレクトメールを送る感じになります。そして、この際に注意したいのがむやみやたらに送れば良いというわけではないということです。実際迷惑に感じている人も多いですが、アメリカでは州によっては明確にルール化されており、ダイレクトメールの迷惑性が認められると違法になります。

ダイレクトメールの効果はどうなのか

実際にダイレクトメールを送った際に効果があるのかというとないともあるとも断言できないものになります。これはダイレクトメールに限らず営業全般に言えることです。やらないよりはやった方が良いという発想もあるのですが、営業全般はマイナス効果が働くことも多いのですが、それを明確に数値化することはできません。プラス効果に関してはそこから何件の成約があったなどの明確な数値化が可能ですが、相手の印象を数値化して図ることは不可能だからです。また、マイナスに働く可能性を考えると、むやみに送ることは避けた方が良いでしょう。しかし、だからと言って送るなということではなく、戦略を立てて効果のありそうなところに送るということです。何も送らなければそれは単にゼロなので、プラスを増やす必要があります。

プラスになるダイレクトメールとは

人間は知っているものに対してより関心を持つ場合が多いです。好奇心というのは未知のものへの興味関心というように言われることが多いのですが、それは半分正解で半分不正解です。完全に未知のものというのはそもそも知りえないですし、あまり急に知ってみようという感情にはなりにくいのです。では何に対してより知りたいと考えるかというと、すでに知っているものに対してより深く知る、もしくは派生する情報を知りたいと考えるのです。まったく知らない人に対しては何とも思わないし知りたいとも思わないのですが、自分が気になる相手だとより知りたいといった感情が湧きやすいことからもそのことがうかがい知れます。それをダイレクトメールに当てはめると、すでに取引していたり、関連する企業は有効です。