ダイレクトメールを使用する上で注意したいことなどを紹介します

近年でもダイレクトメールは重要なマーケティングツールとして多くの企業に利用されています。これはコストパフォーマンスや開封率などが比較的高いことが理由になっていますが、それはダイレクトメールを送る際にキチンと工夫している事が条件になります。ただ単に何も考えず与えられた住所などに送るだけでは開封率が悪くなりますし、コストパフォーマンスも低くなります。そのため最近では多くの企業がダイレクトメールに工夫をしていますが、効果的な工夫ができていない事もあります。基本的にダイレクトメールは郵送か電子メールの2種類になりますが、それぞれに違った工夫が必要になります。このポイントを知っているのと知らないのとでは大きな違いが生じますし、新たなビジネスチャンスを逃してしまう可能性も出てきます。

郵送の場合に行うべき工夫について

まず郵送の場合ですが、こちらはハガキなのか封書なのかによって変わってきます。ハガキの場合は工夫が難しく、変わったフォントで印字したりキャラクターを使ったデザインにするなどの工夫が限界になります。一方、郵送の場合は中に何を入れるかによって興味を引くことが可能になります。例えば中に冊子などを入れれば厚みがでますので中に何が入っているのかと思わせる事ができます。また、中に自社商品のサンプルなどを入れることができるのであれば開封率は非常に高くなります。さらに封書の場合は変わった形の封筒で送る事も可能になります。これは盲点になりやすいポイントなので目立つ事ができますが、あまりにも変わった形にしてしまうと逆効果になってしまう可能性があるので注意が必要になります。

電子メールでできる工夫のポイント

電子メールの場合に行える工夫は、まずは件名になります。と言うのも、一般的に電子メールを受け取った際には送り主の名前と件名だけが表示される事がその理由になっています。そのため、最初に件名で興味をひかないとメールの開封率は非常に低くなってしまいます。例えば通常は使わないような言葉で件名を書いたり、絵文字などを使うのも効果的な場面があります。次にメールの内容についてですが、こちらはインターネット上と言う特徴を活かす事がポイントになります。例えば自社ホームページへのリンクを付けたり、動画などを添付するのも有効な手段になります。ただし、この場合もやり過ぎてしまうと逆効果になります。そのため、いずれにせよ節度と常識を守っておく事が重要なポイントになると言えます。