ダイレクトメールを行う業者選びのポイント

ダイレクトメールはメルマガと違って相手は望んでそのメールを受け取っているとは限らないものです。そのため、販売や教育を行おうとするのではなく、まずは集客に徹するというのが原則です。いかに自社のサービスに興味をもってもらい、そこからメルマガ登録やサービスにより深く知っていこうかと思われるかというものです。逆に急にダイレクトメールを送ったのに内容が薄かったりつまらないとかえって逆効果になります。日々多くのメールを受け取っているなかで印象に残らないならまだしも、ダイレクトメール自体が邪魔だったということでブロックされるようなことがあると非常に残念です。そのため画一的なものよりも自社で創意工夫したものの方が良いでしょう。そのため基本的には業者よりも自社でやった方が良いです。

ダイレクトメールの業者の選び方

業者を選んでメールを作成する場合は、メールの内容から全部考えてくれる業者もあればほぼ代わりに送信するだけに近い場合もあります。どちらが良いかというと結局のところ自社で送った方が良いというのが結論なので、それに近い形が良いでしょう。企画自体は自社で行い、あくまでデータの管理や反応を業者に管理してもらうようなイメージです。その方がコストも少なく済みますし、また顧客の反応に応じてメールの内容を変えたりする際にも臨機応変にやっていくことが可能になります。ダイレクトメール作成の際にはテンプレートや細かい書き方はネット上で案外無料に調べることが可能です。これに関しては絶対的な正解は存在しないので、それをうたっている業者があればそれは根拠のないことであります。

ダイレクトメールとメールマガジンの違い

メールマガジンは顧客が自社のサービスに興味があり、最新情報をお届けするような感覚で送られています。それに対してダイレクトメールの段階ではそもそもメール自体を迷惑にすら思われている場合がよくあります。そのため、ネット上で探して作成する場合にはその二つを明確に区別していく必要があります。どの段階まで踏み込むかというのは自由なのですが、良く知らない相手からサービスを購入するというのはあまりありません。そのためダイレクトメールの最大の目的は信用を得て関心を引くことです。サービスの価値の提案や実際に販売するのは当然ながらもっと後の工程ということになります。その点を踏まえて自社の紹介をするような形になるのが一般的でしょう。そうなると業者よりも自分たちで考えた方が良いことは明白です。